2017/06/070 Shares

ジヒドロテストステロンを減らす方法!(男性だけ見てね)

やべー。フィンペシア飲んでんのにハゲてきたぞ、おい!!

私と同じような人もいるのではないでしょうか。

ハゲ対策で絶対の信頼があるフィンペシア(プロペシア)を飲んでいるのにも関わらず、急にボリュームがなくなり頭頂部のペタペタ具合に泣いている男性が。

次なる手を打とうではないか。

遺伝だのクソ喰らえだ。

母方の爺さんがツルッパゲでも私は諦めんぞぃ。

ジヒドロテストステロンを減らす方法

・エロ禁。女性を見るのはいいがエロい想像をしない。エロい映像を見ないこと。

・テストステロンを増やす。

・筋トレして汗を流す。

の大きく三つだ。

私の考えでは勃起したら基本的にOUT。(例外的にテストステロンだけ上昇するような勃起もある)

まず前提として陰茎をしごくとジヒドロテストステロンが出る。しかし、よくよく考えれば勃起した陰茎はパンツにこすれて手でしごかなくともしごいている状態と変わらないのだ。

少しでも気持ちよくなっちゃったらジヒドロテストステロンが出てしまうという認識でいい。だから、まず勃起すること自体をまず抑えようというわけだ。

一日のうちに一回でも勃起をすると、快感を脳が「覚える」。それは中毒性のあるものだ。

脳だけじゃなく、なんとなく海綿体までも血液を欲するようになると感じられる(マジで)下半身の異常なムズムズ感が収まらなくなる。

そして無意識のうちにエロを見てる。勃起させないというのはジヒドロテストステロンを出さないということよりも快感を脳から忘れさせることに意味がある。

基本的に上がり過ぎた性欲を断ち切るには「睡眠リセット」くらいしかない。忘れるのがどんなに難しいことか男性なら分かるだろう。

私の体感だが少しでも気持ちよくなって快感物質が脳にただけでも頭皮も顔も痒くなる。ジヒドロテストステロンにこんなに即効性があるとは思えないが(笑)

根本を断つことが重要で、どんなハゲ対策サイトでもエロ禁を推しているようにやはりエロ禁が最重要である。

まずはPC内のエロから捨てる。PCを使っていると見たくなる衝動にかられる。

今すぐにHDDにある動画を捨てるんだ。

捨てられなかったら外付けHDDにぶち込んでケーブルを抜け。

そのままプチプチに包んで大切に保管しろ。

次にスマホのエロ画像はmicro SDに入れて外して保管しろ。

オナニーのネタはストリーミングでいい。

wifi+DMMの組み合わせを私は推奨する(いちいちパスワードを入力しなくては見られないように設定する)

この煩わしさがエロを遠ざける。

万が一スマホを落としても怪しいファイルは一切ないので変態扱いされずに済むぜ。

私の最大のミスは、エロに簡単にアクセスできるような環境に身を置いていたことだ。

PCがマルチモニターなのをいいことに一つの画面をAV専用にしていた。DMMや動画のフォルダもPC起動したら目に見えるところにあったし。毎日、無意識に開いていた。

そして動画見ながら作業やってたんだ。脳が快楽を求めてるとか適当な理由つけてさ。少し疲れて横になればスマホがあるし。欲望のまま生きる日々よ。

これがマジで愚策だったね。

ジヒドロテストステロン増やしまくりだわ集中力を大きく欠くわで目先の欲望だけ満たしては一日が終わるといった最悪の時間の過ごし方をしてしまった。

ついでに血液が下半身に行くから脳に回らないから眠たくなる。

世の中がエロに対して便利になり過ぎてんだよ。

DMMにクレジットカードにネットに・・モニターも24インチで高画質で安いわスマホも便利だしIT技術の進化がエロに協力的なんだよ(笑)

 

だが、オナニー自体は禁止しない。

海綿体には定期的に血液を送った方がいい。いざという時に勃たなくなるというリスクがある。

ただし、男には朝立ちという機能があるために勃起不全にはなりにくいらしいが。

いやまて、射精を長期間しないと精子の質を落とすという話もある。

しかし精子の質を上げる時は子作り時期だけでいいので、その時にオナニーをしまくればいいのではないか。

(やばい・・。この流れではオナニーは要らないという流れだ・・。)

どっかで見たんだよ!定期的に出しておいた方がいいと!

真面目な話をすると、テストステロンの上昇は一週間でピークを迎えそれ以降はあまり効果が見られないのだ

だから長期のオナ禁は私としてはあまり意味がないと結論付けている。

一年オナニーやらないとかやり過ぎだと思うんだよな。無理だろ。

オナニーを毎日頻繁にやりまくって徐々に抜け毛が進行していく程度の人なら回数を減らすだけでいいと思ってる。

大事なのはメリハリ。

やる日とやらない日を分けて、やる日だけ勃起させる。やらない日は一切エロに目をやらない。したがって勃起もしない。

そしてやる日にはタンパク質+亜鉛を摂る。私が飲んでるやつ→LIFE STYLE 亜鉛
射精は亜鉛を大量に消費する。髪の栄養を奪うという物理的なデメリットもあるのだ。

亜鉛を摂取することで失った亜鉛を補えると共に一説によれば亜鉛はテストステロンを一時的に上昇させるとどっかで読んだことがある。

さて、オナニーの回数を減らすのは分かったが、どのくらいってことになるな。

テストステロンを上昇させ、性生活も充実させるという両方の願いを叶えるにはオナニーは週に一回がベストだろう。

私は毎日一回は確実にやってるくらいだから少々きついと思ったが、いきなり週一にしてみたけど大したことないな。

案外いけるもんだ。っていうか他にやることあって「自分は忙しいんだ!!」と思い込み、意識を逸らせば余裕だ。いきなりやると睾丸がパンパンになってきて痛いので注意が必要だが。

コツはとにかくエロというものを排除する。

お釈迦様のように悟りを開く精神だね。

そして間違って勃起してしまったら小便をして危機回避する。(何故か小便をすると縮むという性質を活かして)

そして睡眠リセットな。

あとミント系のお菓子を食べるとなぜか性欲が激減する。

よくメントールのタバコを吸うとインポになるとか聞くよね。

私はタバコは吸いませんがフリスクやミンティアを噛むとかなり落ち着く。

○週に一回にして変わったこと

・積極的に物事に取り組めるようになったし時間も確保できた。

・行動のスピードが上がったので何事も早く終わる。

・目の乾きがないからPC作業も捗る。

・頭の回転もいい感じだ。

とにかくジヒドロテストステロンが分泌する最大要因であるオナニーの回数を減らすことと、オナニーのデメリットを消せばいい。

ジヒドロテストステロンを減らす方法において、オナニーはダメなのにSEXはOKという通説

同じ射精なのに何が違うのか。

理由はSEXはテストステロンをかなり増やすためだ。勃起が全然違う。芯から熱くなるような勃起の場合のみテストステロンが増える。

SEXにおける前戯やキスで自然にギンギンになるような勃起のみだ。

これはジヒドロテストステロンよりもテストステロンが上回るので育毛には全く問題がないという考え方。厳密に言えばジヒドロテストステロンを減らす方法ではない。減らすというよりバランスを拮抗かもしくはそれ以上にしてジヒドロテストステロンのデメリットを抑えるという意味だ。

そこで私は考えた。

オナニーでも限りなくSEXに近い形にすればテストステロンが増えるのではないかと。

ある「道具」を買った。

固定するやつだ。

1万6千円もした。

入れて腰を振るスタイルだ。

決して慣れてはいけない。毎回、常に想像力を膨らませなくてはならない。

あなたのイマジネーション力次第でテストステロンは増える。私は凄いよ(迫真)

まぁ相手がいる人はヤればいいじゃない。

金がある人はソープでいいんじゃない。

私は相手もいないし金もないから(震え)

 

追記:

ワイ尿道炎になる。全てを捨てる。ちゃんと洗ったのにカビ生えまくりンゴねぇ

汗をかくような筋トレ

これは筋トレによりテストステロンを出し、更に汗を流すことによってジヒドロテストステロンを出すという一石二鳥の方法だ。

ポイント1

超きっつい負荷をかけたトレーニングをする。

5回くらいやったらもうしんどいけど根性で8回くらいいけるくらいのしんどさ。

軽い腹筋で50回やるとかじゃない。

筋肉量が増えるような筋トレ。

そして一回の筋トレで部分的な筋トレではなく全身にも効く筋トレだ。

ウェイトトレーニングでやる筋トレはフォームが安定しすぎていて部分的な筋トレにしかならない。

それより全身どこかしらに常に効いている筋トレの方がテストステロンが出やすいらしい。

それでいてかつ高負荷となると

上半身は懸垂(けんすい)がおすすめだ。

下半身はスクワットがおすすめ。

ヒョードルみたいな全身バランスの良いナチュラルな筋肉をつけよう!(ヒョードルはハゲてんだけどね)

でも上の二つはちょっとハードなんだよね。

「俺は効率よく筋トレしながら完璧な見た目も手に入れたい・・」と思っているあなた。

まずは胸筋から。

トレーニング方法はシンプルにプッシュアップがおすすめだ。

SINTEX(シンテックス) プッシュアップバー STT020←アマゾンで一番評判いいやつ

次は腹筋だ。

手っ取り早くSIXpack腹筋パーフェクトボディを目指すなら腹筋ローラーが最強だ。

BenRan 腹筋ローラー アクササイズウィル 超静音 アブホイール スリムトレーナー マット付き←アマゾンで一番「コスパ最強」と言われてるやつ

ハードなトレーニングじゃなく、家で出来て簡単スピーディ、上半身から鍛えるから「見た目」はすぐに良くなるだろう。

下半身より上半身の方が他人に見られるし、洋服の着こなしも上半身を鍛える方が重要だ。

ポイント2

長すぎるトレーニングはよくない。インターバル1分で3セットくらいやるのが理想。

短い間隔で筋トレするとホルモンがより多く分泌されるとの研究があるらしい。

まとめ

以上がジヒドロテストステロンを減らす方法だ。

その目的はもちろんハゲ防止なんだが思わぬことにも気付いた。

人生をちょっとだけ変えたかもしれない。

オナ禁が良いとされている理由が分かった。というかテストステロンの凄さが分かった。

かっこいい言い方すればテストステロンを増やすと女性を守れるようになる。そしてそれこそが人生の生き甲斐の一つだったのかとハッと気づかされのだ。

お分かりだろうか。

テストステロンが優位になっている時とジヒドロテストステロンが優位になっている時はそもそも「考え方」が全然違う。

前者は女性を守ろうとする。後者は女性を性欲を満たすために利用する。

で、やっぱり前者の方が筋肉量も多いし行動量も多いから自信満々な男になる。現実的に強者になるというわけだ。

しかもだ。

世の中の恋愛は分相応という真理がある。

良い女は女性ホルモンが多いとするとその良い女と分相応になるには単純にテストステロンを増やせばいい。

美人の彼氏がムッサイ男だったりすることがある。まさにこれだ。

何も難しいことはない。収入とか外見よりももっと本質的なことに目を向けてみるのだ。

これこそがオナ禁の真の効果である「モテ効果」だ。これはやったことがないと実感として湧きにくいんだ。人から聞いただけだと分からない。

やってみよう!世界が変わる!!